中国地方の名峰・大山の裏側にある鳥取県日野郡日野町。
「たたら製鉄」が盛んに行われてきた歴史を持ち、近代
製鉄が導入されるまでは日本一を誇る鉄の生産地だった。
今もその跡地が日野の里山に点在し、製鉄の名残を見る
ことができる。たたら製鉄を操業するため、燃料に大量
の木炭を必要とする。

日野の里山ではクヌギ、コナラといった「マキノキ(薪の木)」と呼ばれる種類を計画的に伐採し、その場で木炭を焼き、たたら場へと運んでいったと伝えられる。
そのおかげで、里山には今もマキノキが豊富に存在してい
る。そしてこのマキノキが、原木椎茸の栽培にとても適し
た木でもあるのだ。

歴史と自然をもつ日野の里山と、

里山とともに生きる達人が作り育てた「しいたつ」。

ほんとうの椎茸の味を、「しいたつ」なら思い出せる。

里山生まれの「しいたつ」は、まじりっけのない天然味。

しいたけ×デザインは他であまりないという事で注目を浴びている、しいたつのポスターです。
しいたつとはしいたけの達人、であるならばしいたけ自体も達人であれ!